レクサスの歴史はアメリカで始まった

レクサスの歴史はアメリカで始まった

レクサスは1989年よりアメリカにおいて展開が開始されました。日本国内での販売はなく、アメリカでのみのスタートとなったのは、一足早く高級車ブランドの展開を開始したホンダのアキュラと同じです。トヨタは販売開始にあたって、市場調査を行い、アメリカ人がどのような高級車を求めているのかをリサーチしました。その結果見えてきたのは、キャデラックやリンカーンなど、伝統的なアメリカブランドの高級車は故障が多く、高慢な接客態度などに不満を抱いている人たちが少なくないことがわかりました。

そのため圧倒的に故障が少なく高品質なクルマを提供し、接客サービスも徹底させ、今までにない高級車を提供することを第一として、レクサスのアメリカでの歴史に幕が上がったのでした。また、クルマの性能もドイツ車に負けないレベルをめざし、これまでの国産車にはない高級車のクルマ造りを心がけました。デザイン性が高く、走りも国産車のように柔らかいだけでなく、しっかり感があり、静粛性の高さも特筆ものでした。このようなクルマ造りは瞬く間にアメリカ人に受け入れら、今では世界65か国で展開するまでに鳴っています。また日本国内においても、2005年より販売を開始し、クラウンとは一味違うクルマを求めている方に受けているようです。

エイムゲインなどレクサスのエアロ・車高調・マフラーといった外装パーツメーカーも充実していて、カスタムも人気です。


レクサスの車種について

高級車の代名詞ともなっているレクサスには、さまざまな車種があります。レクサスは基本的にモデルごとの名前をつけておらず、アルファベットのみで区別されてます。中型セダンであるISやES、ハイブリッドモデルのHS、大型セダンのLSやGS、大型SUVのLX、クロスオーバーSUVタイプのNXやRX、クーペやコンパーチブルタイプのSCやRCなどがあります。
もともとはセダン型のモデルが大半を占めてましたが、その後レクサスの人気がどんどん高まるにつれてさまざまなモデルが発売されるようになり、高級感がありながらスポーティーな外観を持ったものも登場するようになりました。基本的に、このメーカーの車両はレクサスの店舗でしか購入できませんでしたが、地方では実店舗がまだそれほど多くないことを考慮して、トヨタ系列のディーラーショップでも購入が可能なモデルもあります。修理や点検などのメンテナンスもこちらで行うことが可能ですので、近くに店舗がないという人でも、以前に比べて気軽に購入できるようになりました。いずれのモデルも洗練されたフォルムやこだわりのあるカラーリング、充実した走行性能など、満足度の高いものになってます。