北米市場ではレクサスRX・GSが人気

北米市場ではレクサスRX・GSが人気

アメリカで生まれたトヨタの高級車ブランドであるレクサスは、現在も北米市場では高い人気を保っています。
それまでのアメリカの高級車よりも高品質・低燃費・低価格という高い評価を受け、レクサス発売前から販売が続けられているトヨタのカムリと同じように、現在も販売台数を伸ばしています。
北米で人気のモデルは4ドアセダンのレクサスESと、クロスオーバーSUVのレクサスRXです。ESは以前国内でトヨタのウィンダムとして販売されていた車種で、現在は製造をトヨタ自動車九州が行っているものの国内では販売していない海外専用モデルです。
RXは以前はトヨタのハリアーとして国内で販売されていたこともありましたが、最新のモデルチェンジでハリアーは国内専売車種となり、RXとは別の車種となりました。大きくて荷物も詰めて居住性もよく、走行性も良く頑丈で燃費も良いクロスオーバーSUVは北米だけでなく世界的にも人気となっていますので、今後も販売台数は増えていきそうです。
ただしこれら海外で評判の車種は海外仕様になっているため、国内ではややサイズが大きいというデメリットがあります。全幅はESが1,821mm、RXは1,885mmとかなり大型なので、国内では駐車場事情などもあるためなかなかシェアが広がらないという事情があります。