レクサスのハイブリッドは非常にラインナップが豊富

レクサスのハイブリッドは非常にラインナップが豊富

レクサスはトヨタが古くから取り組んできたハイブリッドの技術を世界仕様に昇華させたもので、車種に合わせた特性を持たせることでその車の性格に合わせたスムーズさとパワーを両立させていることが最大の特徴です。
レクサスのハイブリッドはレクサスのほぼすべての車種に採用されており、中型クラスのCTから最上級のLSまで、その車格に合わせたパワーユニットの性格を実現しているので、中型クラスの俊敏さを損なうこともなく、また大型には安定感と静粛性を損なわないアレンジがされているのが特徴です。
エンジンとモーターを併用し、状況に応じてそのパワー配分を変えるハイブリッドシステムはそのアレンジが非常に難しく、ともすればエンジンのみの場合に比べそのレスポンスが悪くなったり、パワー感を損なったりしがちです。また大きなバッテリーを搭載しなければならないためエンジン車をベースにすると重量配分を損ない、走行安定性に影響する場合も有ります。しかしレクサスは基本的に高速長距離走行を行うことの多い欧米仕様のため、高速安定性を非常に重要視しており、その高い技術力で問題点を解決し非常に安定度の高い車に仕上げています。もちろん走行性能も高く、バランスも非常に優れています。