レクサスの維持費について

レクサスの維持費について

レクサスはトヨタが世界に誇る高級ブランドです。その高級感は今やジャガーやメルセデスに引けを取らない位置に迫ろうとしている勢いです。しかし、レクサスが世界中で受け入れられる要因は、その維持費にも大きな要因があります。
日本ではガソリン代もさることながら、自動車税というものが維持費の中でも大きなウエイトを占めています。メルセデスやジャガーはエンジン排気量も大きなものが多く、日本国内においては税制上大排気量の自動車は税金が高くなる傾向がありますが、レクサスはLS600、450などの一部の大排気量モデルを除けば排気量もそれほど大きくないため、税金もそれほど高額にはならないというメリットがあります。
また、レクサスの最大の市場である欧米においては、自動車は長距離を安定して移動できるかどうかが評価に繋がります。長距離走行が中心となる欧州においても、レクサスは小排気量ながらそのパワーは非常に高いため、少ない燃料で高いパワーを引き出すことで安定感を増しています。さらに、ハイブリッド車はモーターの駆動力も相まって高いパワーを生み出すので、より燃費が向上しています。高速走行ができ高いパワーと安定感を持ちながら、維持費が安い高級車なのです。