トヨタの高級ブランドレクサスの特徴

トヨタの高級ブランドレクサスの特徴

レクサスはトヨタが展開する高級車専用ブランドで、現在世界65か国で販売しています。1989年、日本国内よりも先にアメリカで販売を開始し、国内で販売を開始したのは2005年からです。当時アメリカでは高級車の代名詞がキャデラックやリンカーンでした。しかし、故障が多く、若者たちからは古臭いとみなされていました。そこにトヨタは目をつけ、ベンツやBMWなどと比べても引けを取らない高級で故障が少なく、かつ割安なクルマを作ることになったわけです。

レクサスの特徴は、圧倒的な高級感とスポーティな走りを融合させていることです。これはドイツ車を意識していると思われますが、レクサスを単純に国産の高級車というイメージで購入すると、スポーティな足回りに驚く人も少なくないようです。また、レクサスブランドの中では、本家のトヨタ以上にハイブリッドシステムを多くのモデルに投入しているのも特徴です。つまり、トヨタが培ってきた最高の技術を投入したクルマということです。アメリカにおける顧客満足度では、レクサスは何度も第一位に輝いていることからもわかるように、アメリカ市場では戦略通りのマーケット展開を実現し、日本国内でも大変人気が高いです。